涙袖帖展示

ドラマ館のご紹介

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公文こと美和子と素彦が終の棲家とした志士闊歩の地“ほうふ”へようこそ

平成27年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のドラマ館として、平成27年1月より平成28年1月まで、防府市の新たな観光スポットとして開館いたします。

ドラマ館では、ドラマ制作の裏方を体感できる記念撮影スポット、坂本龍馬や高杉晋作らが密議を交わしたとされる英雲荘のジオラマ展示、志士が三田尻(現在の防府)のまちを往来する様子を映像化した「志士闊歩の地・防府」CG再現など、大河ドラマの世界観を存分に体験して頂きます。また、防府市ならではの特別企画として楫取素彦が塾長を務めた越氏塾の教えを今に伝える孔子像や釜、さらに美和子(文)の直筆の手紙や久坂玄瑞からの手紙「涙袖帖」などのお宝も展示する予定です(期間限定)。

外観イメージパース

外観イメージパース

展示内容のご紹介

12月22日より展示

楫取美和子直筆の色紙 「吉田松陰兄のうた」

美和子が書き写した兄・吉田松陰の辞世の句楫取美和子が兄・吉田松陰の有名な和歌を写した色紙の存在が明らかとなりました。
同内容の美和子直筆の半紙が萩博物館にも存在していますが、前文の「松陰兄」の「兄」の字が書かれていないところが異なります。

  • 展示期間 平成27年12月22日(火)~平成28年1月11日(月・祝)
  • 展示会場 防府のお宝コーナー

 

和歌について

「吉田松陰兄のうた
 親おもふ 心にまさる親こころ けふのおとつれ 何と聞らん
                      大正五年四月 楫取美和子 書」

安政6年(1859)10月20日、処刑を前にした松陰が、江戸伝馬町の獄から父杉百合之助・叔父玉木文之進・兄杉梅太郎あてに送った手紙(「永訣書」といわれる)の中に書かれている有名な和歌です。
※色紙は、防府市内在住の方が所有されています。

 

涙袖帖「久坂玄瑞から文への最後の手紙」

涙袖帖涙袖帖の最後の手紙 久坂玄瑞が文に送った最後の手紙を展示しています。

  • 展示期間 平成27年12月22日~平成28年1月11日

 

九条武子からの香川信子宛の手紙

九条武子楫取素彦が美和子とともに防府を終の棲家に定め居住してからの事績のひとつに鞠生幼稚園の創立支援があげられます。
創設者である浄土真宗明覚寺18世香川黙識は楫取素彦と越氏塾での師弟関係にあり、ともに子弟教育の大切を重んじていました。特に西洋化の流れの中で教育が知識中心で個人主義になっていくのを憂い、徳育が大切であるという信念を持ち、明治25年4月、協力して日本初の仏教系幼稚園となる鞠生幼稚園を創設したのです。
その幼稚園の保姆であり香川黙識の妻である香川信代宛に九条武子からの手紙が明覚寺に遺されています。その手紙には、楫取素彦の逝去におどろいたこと、また別の手紙では美和子への伝言なども書き添えられてあり、交流があったことが偲ばれます。
手紙の送り主である九条武子は、大正三美人や大正三大女流歌人の一人としても有名ですが、西本願寺21世法主、大谷光尊(明如上人)の次女として生まれ、幼少から共に育った義姉籌子(かずこ)を助けて仏教婦人会を創設し、教育の重要性、特に女子の教育拡充を訴え、現在の京都女子大学などを創設した教育者です。

 かつて、寿が難治とされた群馬県を仏教で潤せば民心も穏和になるであろうと、伝道師(僧侶)の招聘と道場の(寺院)の建立を素彦に熱心に勧め、素彦が教導僧の派遣を要請したのが、武子の父明如上人です。

 

 ドラマ館(全体)(仮称)小田村伊之助(楫取素彦)と杉家の女性たち

     展示室(全体)      (仮称)小田村伊之助(楫取素彦)と杉家の女性たち 

ドラマのご紹介

ドラマのヒロインは、吉田松陰の妹・文(ふみ)(後の楫取美和子)。
久坂玄瑞に嫁ぐも、玄瑞は禁門の変で自決。その後、亡き姉の夫であった初代群馬県令・楫取素彦の妻となります。激動の長州藩の運命に翻弄されながらも、新しい時代へと松陰の志を引き継ぎ、そして華族の妻として生きていきます。

会期・会場

会期
平成27年1月11日(日)〜平成28年1月11日(月・祝)
9:00〜19:00 (トワイライト時間 16:30~19:00)

 

会場
ルルサス防府 2階多目的ホール
〒747-0035 山口県防府市栄町1丁目5番1号 [アクセス]

チケット・引換券・発売箇所

発売開始

平成26年8月1日(金)より順次

入場券販売箇所

市内公民館(14館)、野島出張所、アスピラート、まちの駅うめてらす、防府駅観光案内所、県内アルク全店舗(34店舗)、丸久厚狭店、全国の旅行代理店、コンビニエンスストア など

●8⽉18⽇現在

入場券の種類・区分及び料金について

 

 

  種類 前売料金 当日料金 備考
通常 普通入場券 大人 400円 500円

高校生以上

(トワイライト時間 250円)

小・中生 100円 200円

小学生未満無料

(トワイライト時間 小中生無料)

割引入場券 一般団体割引入場券 大人 - 400円 有料入場者20名以上の構成団体に適用
大人・小中生区分の混在可
小・中生 - 100円
学校行事団体入場券 学校行事
参加
- 無料 防府市内小中高学校行事
- 高校400円
小中100円
防府市外小中高学校行事
ほうふ志士闊歩入場券 大人 1000円 大河ドラマ館会期中、下記の4施設に入場できます。
・ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館
・防府天満宮歴史館
・英雲荘
・毛利博物館(毛利氏庭園は別途入園料が必要です。)
小・中生 500円

※税込価格です。 

  • ほうふ志士闊歩入場券対象施設の休館日

   ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館  無休
   防府天満宮歴史館      無休
   英雲荘           12月28日~1月3日(平成28年1月11日まで)
   毛利博物館         12月22日~12月31日

   ※天候や特別な催しなどに伴い、変更されることがあります。
 
  • 大河ドラマ館の入場については、障がい者手帳・療育手帳等を所持する方と介護者1名は、手帳のご提示で無料となります。  「ほうふ志士闊歩入場券」の割引はありません。
  • 前売券は平成27年1月10日まで販売。

お問い合わせ

ドラマ館について

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館「文の防府日和。」 TEL. 0835-38-4747

チケットについて

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館入場券販売管理センター TEL. 080-2934-4335